今治の「バリィさん」が「ゆるキャラグランプリ2012」で第1位!!


(バリィさん)

愛媛県今治市は、本四連絡橋の一つ、瀬戸内しまなみ海道の四国側の起点となっています。また、造船やタオルの生産が盛んで、焼き鳥の街としても知られています。その今治市で生まれたキャラクター「バリィさん」が、全国の「ゆるキャラ」の人気投票「ゆるキャラグランプリ2012」で、なんと、全国第1位(昨年は2位)となりました。

「ゆるキャラ」は、地方自治体や町おこしイベントなどのご当地マスコットキャラクターとして使われており、ほのぼのと、のんびりとした雰囲気を漂わせていることから、「ゆるキャラ」と呼ばれています。同グランプリは、「ゆるキャラ(R)グランプリ実行委員会」が2012年9月15日~11月16日の間、実施したもので、全国の自治体などから応募のあった865(昨年は約350)の中から、パソコンや携帯電話を通じて人気投票を行い、投票数で順位を決めるものでした。

投票総数は、約660万票で、第1位の「バリィさん」は、群を抜く人気で54.7万票を獲得、山口県の「ちょるる」は46.3万票、第3位は群馬県の「ぐんまちゃん」は26.1万票でした。

「バリィさん」は、今治市(いまばり・・)し)の
「バリ」をもじって命名されました。焼き鳥の街ということで「鳥」がベースとなっており、頭には、来島海峡大橋をイメージしたクラウンを被り、腹巻は、今治名産のタオル地を使用しています。また、日本一を誇る今治の造船業をイメージする船の形をした特注の財布も持っています。

つぶらな瞳が愛らしく、着ぐるみの「バリィさん」は、地域のイベントなどで大人気です。また、今治地方観光大使第1号に任命されています。


(今治造船の進水式)

(来島海峡大橋)

(今治のタオル美術館)

関連記事

ページ先頭へ戻る

検索

カテゴリ

タグ

キーワードを入力してください

  • おもしろデータ
  • へんろ道
  • 四国歴史文化道